媒介契約について


不動産業者に仲介を依頼するにあたり、依頼者の保護、取引の安全及び流通の円滑化を図るため、媒介契約の書面化が義務付けられています。
不動産業者は、媒介契約を締結する際には、依頼者に「専属専任媒介契約」「専任媒介契約」「一般媒介契約」の相違点を十分に説明し、依頼者の意思を十分確認した上で、媒介契約を締結することとなっています。

3種類の媒介契約について

  1. 専属専任媒介契約
    ○特定の不動産会社に依頼し、重ねて他の不動産会社には依頼できません。
    ○依頼主は自ら発見した相手方と売買の契約を締結することができません。
    ※宅地建物取引業者の義務
    ・1週間に1回以上の頻度で売却活動の状況を報告する義務があります。
    ・目的物件を国土交通大臣指定の流通機構に登録しなければなりません。
  2. 専任媒介契約
    ○特定の不動産会社に依頼し、重ねて他の不動産会社には依頼できません。
    ○依頼主は自ら発見した相手方と売買の契約を締結することができます。
    ※宅地建物取引業者の義務
    ・2週間に1回以上の頻度で売却活動の状況を報告する義務があります。
    ・目的物件を国土交通大臣指定の流通機構に登録しなければなりません。
  3. 一般媒介契約
    ○重ねて複数の不動産会社に依頼できます。
    ○依頼主は自ら発見した相手方と売買の契約を締結することができます。
    ※宅地建物取引業者の義務
    ・売却活動の状況を報告する義務はありません。
    ・目的物件を国土交通大臣指定の流通機構に登録する義務はありません。(任意)

この3種類の中で、どの方法が一番良いのかについては、それぞれにメリット、デメリットがあり、一概には言えません。当社では、専任媒介でご依頼いただくことが多いです。
少しご説明しますと、まず専属専任媒介契約はありません。なぜかと申しますと、専任媒介契約と比べますと、メリットは1周間に一度の間隔で報告するとなっていますが、これはご希望があれば専任媒介契約でもできます。
そしてご自身が見つけた相手方と契約できないというのは、お客様にとって不利、という理由です。
実際には特殊な契約方式なわけです。そうすると、一般媒介か専任媒介かということになりますが、実際のお話をしましょう。
まず一般媒介の場合は複数の会社が介在するので、物件の管理が難しいというデメリットがあります。ただし、お住まいのまま売り出す場合は管理する必要がないので関係ないです。
一般媒介は自由競争というのが1番のメリットですが、一般的にはどうしても業者との信頼関係と責任感という面で違いがでています。
当社の場合、一般方式も大歓迎ですが、戦略的な販売方法をとるため、できるだけ専任媒介でお願いしております。

ここがポイント

媒介契約の締結にあたっては、通常国土交通省が作成した、「標準媒介契約約款」が活用されており、標準媒介契約約款に基づく契約である場合には、契約書右上すみに「この媒介契約は国土交通省が定めた標準媒介契約約款に基づく契約です。」という表示がされています。
一方、標準媒介契約約款を活用していない場合には、同様に契約書右上に「この媒介契約は国土交通省が定めた標準媒介契約約款に基づく契約ではありません。」という表示がされています。専属専任媒介契約又は専任媒介契約を締結した物件については、不動産業者は指定流通機構に登録し、積極的に取引の相手を探すことが義務付けられています。


ページのトップへ戻る